魅力的なITフリーランスという立場

フリーエンジニアとして独立すること。IT技術者は、フリーエンジニア、フリーランスに移行し傾向が手酷い職種です。

 

当たり前の話ですが、仕事を自由に選べるところまで到達するには越えなければならないハードルは峻絶です。フリーエンジニアは業務に携わる際、雇用契約ではなく、業務委託又は請負契約になることから、収入が大幅に大きくなることが特長です。

 

実力次第では仕事を自由に選ぶことができることも特長でしょう。転職を考える際に、将来を見据えて、企業に就職する選択肢の他にフリーエンジニア、フリーランスの可能性を考えることができます。

 

また法人化を視野に入れ、短期的に資金を貯めることも可能です。逆に収入が大幅に大きくならないようであれば、フリーエンジニアになるメリットはナッシングと言えます。